◇2タイプの撮影装置


 

   ▷リーフレットのダウンロードはこちら

           (ダウンロードに少々時間が掛かる場合がございます)

◇全周撮影型(概査・短工程用)                          

 

【特徴】

 ・全天球カメラを搭載しています。

 ・照明装置の照射角度を変更できるので、

       集水井の壁面が濡れている場合に発生する

       ハレーションによる撮影不良を防止します。

 ・一度の上下運動だけで撮影が完了する為、

       短時間で集水井全体の状況を把握できます。

   

 

 

◇回転撮影型(精査用)

 

【特徴】

 ・水平方向に360度回転、上下方向に90度回転します。

 ・カメラをズームすることで集・排水管の

       排水状況等、細部を撮影できます。

 

 

 なお、全周撮影型のみでも十分に点検の基準を満たせますが、2種類のカメラを用途に応じて使い分けることで、様々な撮影ニーズに対応できます。